お!のひとりごと

仕事は・・・

職業は落ちこぼれバス運転手(^^;

NIFTY-Serve(現・@nifty)のフォーラムのでの出会いがきっかけで、パソコン雑誌を中心にフリーランスで仕事をしており、雑誌連載などをやっていた。ちょうど「自作互換機」がブームになりかけた頃。でも「マニア」「ヲタク」にはなりきれず、これではイカン!と思うことがあり、もともとバス好きだったので大型二種免許を取得、1998年9月、京都市内の某有名タクシー会社の自家用自動車管理請負を主な業務とする部門に就職。

この会社では約2年半の在籍期間中、養護学校や大学のスクールバス、ホテルの送迎バス、有名企業の社長用の社用車から事務所スタッフまで、いろいろ経験させてもらった。しかし、後半は中型バスで片道5分の距離を1日20数往復する毎日。飽き飽きして再度の転職を決意。

2001年4月から某大手観光バス会社に就職して「観光バス運転士」に。全長12mのフルサイズの大型観光バスに乗って各地を巡るチャンスを得るが、この業界特有の人間関係(おそらくこの会社のこの支店は人間関係のキツさでは日本一であろうか?)など、いろいろあって同年12月に退社。

退職後、他のバス会社を探していたが結局就職することができず、バスは一度あきらめて、知り合いの紹介で、インターネット関係の小さな会社に就職。サーバのお守りと雑用担当に。しかし、あまりに貧弱な設備と本格的に勉強していない中途半端な知識ではまったく手に負えず。再度、バスへ乗る道を探し始めたところ、求人を偶然みつけて応募。2003年4月より再度観光バス運転士となる。

観光バス1社目では8ヶ月間で数回しか1台で走るチャンスがなかったのに比べて、2社目では最初から1台でどこへでも行かなければならない。東は新潟県から西は山口県まで走った(これでも、この会社としては行動半径は狭いようだ)。道や立ち寄り先を調べるのが大変ではあるが、観光バスらしい仕事ができて大変楽しいかった。しかし、会社の方針転換で次第に行動半径が狭まり、観光バスらしい仕事が減少。営業所の存続にも不安を感じたため退職。

2007年8月、観光バス1社目のバス会社の同期の紹介を得て、地元のタクシー会社系路線バス会社に再就職。慣れない路線バスの運転に苦労する毎日。前の会社を退職する際に貸切バスは封印し、路線バス運転士としてやっていく決意だったが、なぜか、1ヶ月に1回程度だが貸切バスへの乗務があったりする(^^;

趣味は・・・

最近まで趣味に費やしてる暇がなかった(時々世間でも話題になるが、観光バスの運転手というのは拘束時間が非常に長く、労働条件が悪いのである)。いまの会社は時間にはかなり余裕があるので、なにか趣味を復活させる予定であるが、契約社員で年収大幅減の状態では財源がない(苦笑)

ドライブ・・・4台続けてスバル・レガシィ、5台目はインプレッサに乗っているためか「スバリスト」と呼ばれる人種に分類されたこともあるが、そこまでの思い入れはない。最初は(当時流行していた)クロカン4WD(特にいすず・ビッグホーン・イルムシャーS、UBS55系)がほしかったのだが、たまたま買った雑誌(ムック)で知った発売直後のBFレガシィに一目ぼれ。1990年12月に初代レガシィ・ツーリングワゴン(BF5B)を手に入れた。この車は4ATだったのだが、どうしても5MTが欲しくなり同じ色(インディゴブルーメタリック)のBF5Dを1993年1月に購入。1996年12月にはBG5A GT-BスペックIIを購入。あこがれ(!?)のターボ車オーナーに。このBG5Aに乗っている頃がもっとも行動範囲が広く、NIFTY-Serve(現・@nifty)のレガシィ関係のコミュニティ(patio)に参加していたため東は千葉県や群馬県、西は九州(熊本・宮崎)まで走った。当時は出版の仕事で東京へ通っていたこともあり、4年間で実に17万キロを走行。1999年12月に現在のB4・RSK(BE5B)に乗り換えた。約7年半乗り続けたが、デフとミッションの調子が悪くなってきたので2007年9月に買い換え。なので現在は新型インプレッサ(DBA-GH3)1.5S 4WD 5MT。BE5Bの時は独身だったのだが、現在は子持ちになってしまったことや、石油高騰の影響で今回は経済性重視の選択。先代までに比べて結構まともな車に仕上がっており満足。

パソコン・・・観光バス時代はゆっくりパソコンの前に座る時間がなかったので携帯電話(FOMA)+パケホーダイ対応フルブラウザ(jigブラウザ)で出先からよく見るサイトをチェックしていた。最近はよく使うサイトが携帯対応しているのでjigブラウザも捨ててしまった。

パソコンは8ビット時代からのつきあいで、PC-8001、MZ-80K2とかそのあたりから記憶がある。家に来たのは兄がコンピュータの専門学校に通う事になったために家に来たNEC PC-9801F2(i8086 8MHz)から。借り物のNEC PC-9801LX4などを経て、自分専用のパソコンを所有したのは東芝DynaBook V386/25が最初でこの頃にパソコン通信を始めた(@niftyとはその時からのつきあい。もう何年目?)。まだ東芝独自仕様のJ-3100の時代であったがVGA液晶を搭載しており、IBM DOS/VをインストールすることができたのでDOS/Vというものを知る事ができた。さらにWindows3.0を利用。

デスクトップ機の方は本当のDOS/Vが使いたくて、DynaBookのあとに購入。最初の1台(i486DX2-66MHz)がショップブランド機で以降ずっと自作機、intel派。2003年6月にPentium4 2.4C GHz+ASUSTeK P4C800 Deluxeを入れてたのだが、それ以降は居間でノートパソコンを使うことが多くデスクトップ機は3台分のパーツが実質ジャンクに(^^;

メインで使っているOSはWindowsXP Homeだが、Vistaもハードディスクの肥やしにしてある。以前はLinuxにも手を出していて、あまったパーツとTurboLinuxやFedoraCore2で自宅サーバもやっていた。ADSLにした頃からダイナミックDNSでサーバを運用してきたが、趣味の範囲を超えて手間がかかるので、2005年4月末より低価格のホスティングサービス(ロリポップ)を利用するようになった。同時に独自ドメイン「kunikazu.com」を取得。

ノートパソコンの方は「(某パソコン通信屋さんからいただいた)IBM ThinkPad220+アナログムーバ」→「IBM ThinkPad230Cs+デジタルムーバ」→「Digital HiNote Ultra 4100+DDIポケットPHSカード」を持ち歩いていたが、バスに乗るようになってから休業。昨年、嫁さんがDELL Inspiron 500mを購入したのでお古の富士通FMV BIBLO NE/36Lを譲り受けてFOMA F2102Vと組み合わせてモバイラー復活。が、しかしやっぱりパケット代が気になって活用できず。泊まり先でも無線LANが時々使えるようになってきたので年に数回はノートパソコンを持ち歩くようになりDELL Inspiron 500mから前述のFMV-BIBLO MG55Tへと乗り換え。

自宅周辺がemobileのエリアになったので、emobileを契約。さらにEeePCの日本語版を購入。実際にはあまり使わないが毎日持ち歩いている。

ちなみに、嫁さんもパソコンを使う(しかもMac & Win)ので、家にはPowerMac G4(QuickSilver)やG3 DT233、LC520などもある。

(2008/3/2)

Copyright(C) 2001-2008 Kunikazu Ooe. All rights reserverd.